スタッフブログ

2015.08.19更新

こんにちは、トシデンタルクリニックです。

皆様、お盆休みはいかがでしたか?
最近は突然の豪雨だったり、竜巻だったり、
せっかく夏休みを楽しみたいのに、お天気が変わりやすく悩みどころ・・・
という感じですね。ちょっと残念です。

夏も真っ只中ということで、医院のディスプレイも真夏仕様です!!



向日葵と金魚です!!
日本の夏ですね!!

それでは皆様、熱中症等ならない様、お気をつけください。

投稿者: トシデンタルクリニック

2015.08.06更新

こんにちは!
またもや、久しぶりのブログアップとなってしまいました。

今年は本当に暑い日ばかりが続きますね。
毎年毎年、気温が上がっている気がしてなりません。
熱中症などに気をつけてくださいね。

7月は院長の誕生日でした!!
今年もお花をいただきましたー!!
ありがとうございました!!



スターチスやカーネーションなど紫、ピンク系配色でまとめているお花束でした!!
やっぱりお花があると華やかになりますね!!


さて、そろそろお盆休みの時期ですね。
今年は会社さんによってお休みの時期が前後しているみたいです。
当院は8月12日(水)~17日(月)までお休みをいただいております。
(前後の日程の診療時間に変更はございません。)
詳しくはHPトップの新着情報もしくはカレンダーをご覧ください。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承の程よろしくお願い致します。

投稿者: トシデンタルクリニック

2015.07.18更新


こんにちは、トシデンタルクリニックです。

最近、天気がよくわからない日が続いていますね。
台風かと思いきや、1日中晴れていたり、
梅雨かと思ったら、気温35℃を超えてしまう場所があったり。
まだ、梅雨明けも宣言されていませんね。

梅雨明け宣言はされていませんが、
気分は初夏のつもりで、ディスプレイを夏仕様に変更いたしました!



朝顔と白い石が涼しげです♪
この時期は鬼灯なんかもいいですね!!
私自身が鬼灯好きなので、毎年この時期に鬼灯市のポスターを見て
いつか行ってみたいなぁ...なんて、思っています。
(鬼灯市に行った話じゃなくて、すみません...)

さてさて、早いもので1年の半分が過ぎてしまいました。
お盆休みを前にお忙しい方もいらっしゃると思いますが、
お休み時期に痛みなどが出ないように、
治療途中の方は治療を完了させたり、
最近、歯科に行ってない方は定期検診を受けて、
体調万全でお休みを楽しんでくださいね!!
もし、「お盆休みまでに治療を完了させたい!ここまでは終わらせたい!」
というご希望がある方はお気軽にスタッフ、ドクターまでご要望をお話くださいね!!

投稿者: トシデンタルクリニック

2015.07.04更新

こんにちは♪新井です♪

最近ずっと雨ですね。。。

雨の日は服を何着るかすごく悩みます。。


今週も雨で上野動物園に行こうと思ったんですが

雨でなくなりました。。。(泣)

大好きな白くまに会いたかったです。。

今月絶対リベンジしたいと思います!!

皆さんは雨の日何をするのでしょうか?(^^)

ぜひ教えてください♪

投稿者: トシデンタルクリニック

2015.06.12更新

こんにちは!
今日は顎関節症について、お話したいと思います。

皆さんは顎関節症という言葉をご存じですか?
結構、知れ渡っている病名かなぁ・・・と思うのですが、
実際にどんな病気なの???と思っている方も多いはず。
そして、顎関節症に悩んでいる方って結構多いんです。
(うちのスタッフでも2人ほど、長年戦っております。)

顎関節症とは、顎の関節周辺に何らかの異常がある状態が
慢性的に続く病気で、原因も状態も様々です。
顎が痛い、口が開けづらい、顎関節が鳴る、等々は顎関節症の症状です。
「え、この症状は・・・」とヒヤッとした方いらっしゃいませんか?
顎関節症には放っておいても治る短期的なものや
ずっと付き合い続けていかなくてはいけない長期的なものもあります。

先程もお話をしましたが、顎関節症の原因は様々です。
・治療途中の歯があったり、歯が抜けたままの状態になっている。
・左右どちらか片方だけで噛む癖がある。
・歯ぎしりをでかみ合わせが変わった。
・すり減った入れ歯で噛んでいる。
上記のようなことが起こり、顎の上下左右のずれ等が知らない内に生じてきます。
特に関節や筋肉のひずみが急激で大きいと、口を開けたり閉じたりすることができなくなり、
関節に音がしたり痛みが出たりします。
偏頭痛や肩こり、めまい、吐き気などが起こることもあるんですよ!!

顎関節症は生活習慣やストレスも影響があると言われています。
リラックスすることも大切なんですね。
もし、気になることがある時は放っておかないで歯科医院へ相談しましょう!
気になるままにしておくと、それもストレスへと変わってしまいますよ。
何でも、お気軽にご相談くださいね!!

投稿者: トシデンタルクリニック

2015.06.02更新

こんにちは!!

もう6月ですね☆

6月といえば梅雨の時期ですが。。。ジューンブライドでもありますね!!

女子の憧れですね☆笑

ジューンブライドなので結婚式を上げるカップルの方や出席される方々も
この機会にホワイトニングで歯を白く輝かせてみませんか?☆☆☆

ぜひご連絡をお待ちしております!!

そして受付のディスプレイも変えました!!

アジサイです!かわいいお花ですよね!

ぜひご来院したさい見てください!

 新井


投稿者: トシデンタルクリニック

2015.05.14更新

こんにちは新井です☆

5月になりすっかり暖かくなりましたね〜♪♪

天気が良くて風も気持ちが良くて。。。。

眠くなってしまいます(-ω-` )...zzZZZ

ブログを書きながらウトウト。。。院長に怒られてしまいますね(´-ω-`)

そんな5月は新緑が綺麗なので受付のディスプレイも新緑をテーマに変えました☆☆

ぜひご来院の際見てください!!

では眠気に負けないように頑張りましょう☆


投稿者: トシデンタルクリニック

2015.05.07更新

こんにちは☆

もう5月ですね☆

最近、月日が早くかんじます。。。

そしてもうすぐ母の日ですね☆

受付のディスプレイも母の日にしました!

母の日は何をプレゼントするか考え中です。。。(汗)

みなさんは何をプレゼントするんですか??

いい案をお待ちいたしております!!


新井






投稿者: トシデンタルクリニック

2015.04.27更新

こんにちは、トシデンタルクリニックです。

先日は妊婦さんの歯科検診、治療の重要性をお話いたしました。
今回は妊婦さんの治療について、お話していきたいと思います。

気を付けてはいれど、虫歯になってしまうこともありますよね。
でも、「子供の為に!」とレントゲンや麻酔が気になる方もいらっしゃると思います。
ですが、気にしすぎてしまい、少しの痛みを我慢し続け治療に行かず、
強い痛みが出てきてストレスがたまってしまう...なんて状態になるのを一番避けたいところです。
妊婦さんにとっても、赤ちゃんにとっても、精神的にも肉体的にも健康でいることが一番です!

さて、まずは治療時期のお話です。
基本的に妊娠中に一般的な歯科治療をしてはいけない!という時期は存在しません。
ですが、妊娠初期はつわりなどで体調が良くなかったり、妊娠末期はお腹が大きく、圧迫されて辛いこともあります。
ですから、安定期に入っている妊娠5~7ヶ月がおすすめです。
妊娠初期や末期は痛みが出ている部分の応急処置や
薬などを使わない小さい虫歯治療、歯石のお掃除などをしていきましょう。

そして、歯科治療に欠かせないのがレントゲンです。
心配されている妊婦さんも多いことと思います。
ですが、歯科レントゲンはエックス線の線量も少なめで、
さらにお腹には防護エプロンをする為、胎児にエックス線が影響する可能性は低いのです。
ですが、無理はせず「やっぱり心配!!」という方は遠慮なく、その意思を伝えてくださいね。

次に麻酔についてです。
麻酔は薬の一種だし・・・と思う方もいらっしゃるでしょう。
ですが、歯科麻酔は歯科局所麻酔という、極々一部に麻酔を使います。
ですので、通常の麻酔量なら母子ともにほとんど問題はありません。

出産後は育児などで、自分の時間はなかなか取れないものです。
心配なことは多いかと思いますが、妊娠中でも治療が必要ならば進めて、
健康な状態にしておきましょう!!
今回書いたこと以外でも気になる点やもっと細かく説明を聞いてみたい!
という方は、お気軽にスタッフやドクターに聞いてください!

妊娠時の検診を受けることで、発覚する虫歯もあるかもしれません。
痛みはないから...と検診を受けないでいると出産直前になって痛みが!!なんてことも
多いにありますので、なるべく検診は受けましょうね!!

投稿者: トシデンタルクリニック

2015.04.23更新

こんにちは、トシデンタルクリニックです。

今日は妊産婦の方々の歯科治療について、話をしていきたいと思います。

昔は「1子、妊娠するとお母さんが1歯失う」
...なんて迷信がありました。

妊娠中は唾液が粘ついてきて、食べかすなどが残りやすくなります。
また、個人差はありますが、つわりなどで吐きやすくなる上に、
すっぱいものを好むようになったりもする為、口の中が普段よりも酸性に傾きがちです。
つわりの時期は1度にたくさん食べることができず、食生活が不摂生になったり、
歯ブラシを口に入れるだけで気持ち悪くなったりしてしまうこともあります。
その為、妊娠中は虫歯や歯周病が起こりやすくなってしまうのです。
お口の中がいつもより虫歯や歯周病になりやすい為、最初に書いた迷信ができてしまったんですね。
迷信は迷信ですが、お口の中の状態が悪くなってしまうのは事実です!
虫歯や歯周病を防ぐには、何といっても歯磨きが効果的です!!
難しい時は口をゆすぐだけでも大丈夫ですので、
気分の良い時間帯に丁寧に歯磨きをしてみましょう!

乳歯は妊娠7~10週目くらいから、そのもとになるものができ、
妊娠4~5か月頃に硬い組織へとなっていきます。
お腹の中の赤ちゃんは、お母さんから栄養をもらい、成長していきますよね。
つまり、妊娠中のお母さんの食生活は赤ちゃんの歯の成長にとっても、大切なものなのです!!

また、安定期に入ったら、歯科検診へ行くことも重要です。
市区町村で行われているものやかかりつけの歯科へ行きましょう!

次回は妊婦さんの歯科治療について、お話したいと思います。

投稿者: トシデンタルクリニック

前へ 前へ