むし歯の治療

むし歯になるメカニズムについて

むし歯は

細菌が出す酸によって歯が溶け、発生します。

むし歯は、お口に残った食べかすが歯垢・歯石となりその中に住むミュータンス菌が酸を出す事で歯が溶け発生します。進行すると、やがて歯に穴が空き、神経まで到達すると抜歯にいたることもあります。

むし歯になる3つの原因

「細菌の数」「食習慣」「歯の質」に時間が加わることで発症します

むし歯になる原因は主に3つが挙げられます。「細菌の数」「食習慣」「歯の質」です。
これらが重なり合い、一定の時間が経過することでむし歯が起きてしまうのです。

細菌の数

ミュータンス菌などの細菌が口の中にたくさんいると、それぞれの菌から出される酸の総量が増えてしまい、むし歯になりやすくなります。日ごろのブラッシングと歯科医院での定期的なメンテナンスによって、歯垢(プラーク)や歯垢が硬くなった歯石の中に存在する細菌を減らすことが大切です。

食習慣

ミュータンス菌などの細菌は食べ物の中に含まれる糖分を食べて酸を出すため、糖分を日ひごろからたくさん摂っているとその分、むし歯になるリスクが高くなります。缶コーヒーやスポーツドリンクは特に糖分が多く、またアメやキャラメルなどは口の中に長く留まるため、注意が必要です。

歯の質

細菌が出す酸への耐性は人によって異なります。酸の量が同じでもむし歯になりやすい人となりにくい人がいるのです。歯の石灰化を促すフッ素を歯科医院で塗布することで歯の質を高めることができます。

当院におけるむし歯の治療

痛みの少ない治療

歯ぐきの感覚を麻痺させた上で麻酔の注射を行います

当院では、治療時の痛みをなるべく少なくするために、麻酔薬を注射する前に表面麻酔薬を塗布しています。これは歯ぐきの感覚を麻痺させるもので、注射時のチクッとした痛みを和らげてくれます。また、できる限り細い針を使い、ゆっくり麻酔薬を注入することで注射時の刺激を軽減させています。

歯が削られることへの恐怖感が強い方には、場合によってレーザー治療やカリソルブという薬剤を使った治療をご提案します。詳しくは下記をご覧ください。

極小の虫歯はレーザーで治療を行います。

レーザー治療とは、赤外線の熱エネルギーを使って、感染している部位を蒸散させ除去する治療法です。(蒸散とは、感染した部位を構成している組織の成分を瞬間的に分解し粉砕することです)
この赤外線から発生する波長の違いによって、エネルギーの到達深度が違うため、波長を変えることで、様々な治療に応用できます。
レーザー治療の主な利点は、通常の治療と比べ痛みが少ないため麻酔の使用量を極力少なくできることや、殺菌、止血効果が高く、術後の痛み、腫れが少ないという点です。

当院で使用しているレーザー装置は、エルビウム・ヤグ・レーザーとダイオード・レーザーです。

エルビウム・ヤグ・レーザー

エルビウム・ヤグ・レーザーはごく表層の部分に作用し、治療の適応範囲は広いですが、最大の特徴として挙げられるのは、歯が削れるということですので、比較的小さなむし歯でしたら無麻酔で治療が可能です。
又、歯を削るときの「キュィーン」という音もありませんので、従来の治療法と比べ恐怖心を和らげられるのではと思います。

ダイオードレーザー

ダイオードレーザーはエルビウム・ヤグ・レーザーと比べて到達深度が若干深いので主に軟組織の治療に用います。特に止血の点で優れていますので、従来の治療法よりも歯肉の治りが早いです。

これら2つのレーザー装置は、歯周治療、神経の治療時の消毒、口内炎の除痛などの一般的な歯科治療に使用しますが、ホワイトニングや歯肉の黒ずみの除去(メラニン色素の除去)などの審美治療にも使用しています。

※レーザー治療は保険適応外の診療ですので、自費診療の扱いとなります。

むし歯を溶かす薬剤を使用

振動や音がないため、削られる恐怖心の強い人にお勧めです

むし歯が小さい場合は、むし歯を溶かす薬剤「カリソルブ」を使うこともあります。むし歯の部分に塗り、少し時間を置いてから専用の器具を使って溶けた部分をかきだします。最後に合成樹脂を詰めます。

カリソルブとレーザーを併用することで効果が高まります

歯科用のドリルを使って削る治療に比べて多少時間はかかりますが、振動や音がないので削られる恐怖感の強い人に向いています。基本的にはカリソルブとレーザーをセットで治療することが多く、カリソルブでむし歯を溶かして軟らかくしてからレーザーを照射することで治療効果を高めています。

むし歯が進行してしまった場合の治療

3MIXによる治療

むし歯を殺菌し、自己治癒を促す方法です

当院では、3種類の薬剤を混ぜたものをむし歯の部分に塗って殺菌し、患者さんの自己治癒力の向上を促す「3MIX」(スリーミックス)という治療を行っています。

歯の内部にある象牙質が薬剤により無菌化され、象牙質の象牙芽細胞が、溶けだしたカルシウムを元に戻す再石灰化を行うことでむし歯が改善していきます。

3MIXが検討されるケース

「むし歯が深く進行しているが、神経を保存したい」という場合に検討します

3MIXは、むし歯が深くまで進行し、歯の神経の近くまで達しているものの、患者さんが神経を取りたくない場合などに行うかどうかを検討します。
症例によって異なりますが、中には神経を保存できる場合もあります。